海老
44.6Kcal
コレステロールを減らす
タウリンを含む。
ボタン
甘海老
35.8Kcal
海老の中では低カロリー
コレステロールを減らす
タウリンも多く含む。
サーモン
59.9Kcal
ビタミンDとビタミンB群を多く含む。
骨粗鬆症や口内炎などの
予防に役立つ。
アジ
52.1Kcal
コレステロールを減らし成人病の
予防で期待されるEPAを豊富に含む。
さより
45.2Kcal
淡白な持ち味が特徴。
高タンパク低カロリーなので
ダイエットにも最適。
海胆
ウニ
43.4Kcal
粘膜を丈夫にし、肌荒れや目の
疲れに効果があるビタミンAが多い。
いくら
イクラ
52.9Kcal
栄養価が高く、たんぱく質や
ビタミンに富む。コレステロールが
やや高い。
穴子
アナゴ
61.9Kcal
ビタミンAを多量に含み、
皮膚や粘膜を丈夫にし、
細菌への抵抗力も高まる。
数の子
カズノコ
41.9Kcal
鰊の卵の塩蔵品。今のところ
栄養的な効果は未知。塩分に
注意が必要。
蝦蛄
シャコ
47.0Kcal
海老と似た栄養価だが、ビタミンB1、
B2が多く、新陳代謝を盛んにする。
コハダ
51.9Kcal
牛乳の1.5倍ものカルシュームを含み
鉄分やEPAも豊富。栄養満点の優秀魚。
玉子焼
タマゴヤキ
良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含み
栄養組成が良い。
サバ
52.9Kcal
成人病の予防や発ガン抑制作用で
話題のEPAが豊富。ビタミンB2も含む。
マグロ
赤身
中とろ
大とろ
44.9Kcal
57.1Kcal
70.3Kcal
同じマグロでも赤身とトロでは
大きく栄養価が違います。
赤身は脂質が少なく、鉄分が豊富。
トロはEPAやDHAの脂肪酸が多く、
成人病の予防に効果的。
烏賊
イカ
38.7Kcal

籠に入れるとガサガサ音を立てる
ので(がさエビ)の別名がつけられました。
小樽のがさエビは、大きさ・味とも日本一です。
春と秋が旬で、海が凪ぎ日が照ると獲れず、
時化(しけ)の後がたくさん獲れます。
5月が最盛期ですが、年中穫れます。
普通エビは煮ると赤くなりますが海中に
居ても赤いボタン色をしているので、
牡丹の花に見立てボタン海老といわれます。
身は、口いっぱいに広がるまったりとした
甘みがあり、北海道の海老の大様です。
5月10日から8月31日まで
小樽・余市・積丹で穫れる(ばふんうに)は、
小粒ですが色・味ともに日本一です。
鮪は時速160Kmというものすごいスピードで泳ぎ、
餌を求めます。眠っている時も泳いでいます。
サメと同じですね・・・・ 
春、台湾から対馬海流(黒潮)に乗って九州から東北・
北海道へと北上し続け、9月ごろ積丹半島沖で、
寒流(オホーツク海流)にぶつかり南下し始めます。
これを”下りマグロ”と言います。この時の積丹半島から
津軽海峡で穫れる本マグロを”大関マグロ””戸井マグロ”
といい、最も脂がきめ細かく肉の中に入り、口の中でとろける
幸せを運んでくれます。
コレステロールを減らす効果のある
タウリンを含み、成人病の予防に良い。
ブリ
59.7Kcal
60.4Kcal
ハマチ
頭の働きを良くし、ボケ防止の効果で期待される
DHAをを多く含む。
ヒラメ
上品なうま味身上。消化吸収率がよく、
美肌効があるコラーゲンを含む。
38・6Kcal
カニ
44.9Kcal
カニに含まれるカルシュームには骨を丈夫に
するだけでなく、精神を安定させる働きもあります。

10月初めから中旬に穫れる鮭のいくらは
張りとつやがあり口の中でとろけるよな
味わい。熱いごはんにたっぷりとかけて
召し上げれ!!北海道丸ごとイタダキ!!
赤貝
アカガイ
39.0Kcal
貝類には珍しくヘモグロビンを含む。
鉄分もあるので貧血ぎみの人に最適。
帆立
ホタテ
イノシン酸やグルタミン酸などのうま味成分をたっぷりと
含む。小樽近海で穫れるホタテは甘く歯ごたえもあります。
44.7Kcal
アワビ
低カロリーな上に、コレステロールも低め。鉄分とタウリンも含む嬉しい貝です。
35.9Kcal
すしのカロリー、及びg数は、
標準的なすし1カン分(すし飯
20g。30.5Kcalを含む)で表示
してあります。
タコ
37.4Kcal
神経の疲れをいやし血圧を正常に保つように
働くタウリンが豊富。北海道のタコはやわらかく
甘みも農濃。
鉄火巻き
24.4Kcal
赤身の良質なタンパク質と海苔のミネラルが
合わさったバランス良好。
河童巻
カッパ巻
口直しに良い低カロリーなすし。きゅうりと
海苔でミネラル摂取に効果。
58.8Kcal
北寄貝
ホッキ
ほとんどのほっき貝は、苫小牧・厚岸・
日高産で、黒ほっき、茶ほっきがあります。
北海道でしか穫れないため、北に寄る貝とうい
名前です。冬場厚岸・日高で穫れる黒ほっきは、
身が厚く甘みがあり歯ごたえも良い。
独特の磯の香りがあります。
48.5Kcal
八角
ハッカク
冬、小樽近海の深海(50m)魚。
形が八角形なのでこの名前です。
皮はよろいのように硬く逆なですると
簡単に手が切れてしまいます。
昔は綱壊しといわれ嫌われものでしたが、
最近上品で脂ののった白身が人気です。
ひれを広げると飛魚のような形をしています。
17.2Kcal
38.7Kcal
干瓢巻
かんぴょう巻き
27.5Kcal
巻きものの代表。かんぴょうは夕顔の
果肉を乾燥させた物で食物繊維が豊富。
カツオ
45.9Kcal
若さを保つビタミンE、貧血を防ぐ鉄分を始め
豊富な栄養素を含む。
タイ
43.4Kcal
脂質が少なく、アミノ酸のバランスが良い。
味も、姿も、栄養素もNO.1の白身魚。
海苔
ノリ
ミネラル、ビタミンの宝庫で、
超低カロリー。
健康促進に欠かせません。
毛蟹
ケガニ
日高(11月〜12月)
厚岸(2月〜4月)
紋別。雄武(4月〜7月)
特に流氷明けの雄武産は、
流氷の下にいるプランクトンを
いっぱい食べて身が充分に
しまっていて、味噌も豊富で
色・味ともにすばらしい!!